ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ
  1. トップ > 
  2. 交通安全対策 > 
  3. 自転車総合対策 > 
  4. 自転車安全利用の促進 > 
  5. 自転車安全利用TOKYOセミナー

自転車安全利用TOKYOセミナー

東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例(第14条の2)では、条例で規定されている事業者が、従業員への自転車利用のルール・マナーの向上や交通安全教育の取組に努めることとされています。 都では、当セミナーを、事業所内の自転車安全利用を推進するリーダーの育成と所(社)内研修の活性化を目的に開催しています。

日程・会場(令和2年度)

カリキュラムに従い、主として座学形式で行います。日程・会場等は、あくまで予定となります。お申込みいただいた後、変更が生じた場合は当HPに掲載するほか、個別にご連絡いたします。
令和2年度5月、6月については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止とさせていただきます。令和3年2月、3月に実施を検討しています。決まりましたら当HPでお知らせします。

             
開催日 時間 カリキュラム 会場
第1回 終了 7月15日(水) 14:00~15:30 台東区生涯学習センター 4階 407研修室
第2回 終了 9月16日(水) 14:00~16:40 大田区民ホール・アプリコ
第3回 終了 10月6日(火) 18:30~20:00 練馬区役所20階・交流会場
第4回   11月18日(水) 14:00~16:40 八王子市生涯学習センター・視聴覚室
第5回   12月16日(水) 14:00~16:40 小平市役所本庁舎・大会議室
第6回   1月20日(水) 14:00~16:40 足立区生涯学習センター
第7回   2月19日(金) 14:00~16:40 新宿NSビル3-D会議室
第8回   3月11日(木) 14:00~16:40 三鷹産業プラザ701+702会議室

カリキュラム①

内容 講師 所要時間(目安)
  • 事故・ヒヤリハットから考える自転車の安全利用推進
  • 質疑応答
大学助教等 65分
休憩 10分
  • 自転車安全利用研修の実施方法について(グループ討議を含む)
  • 質疑応答
一般財団法人 日本交通安全教育普及協会等 60分
  • 自転車と保険
  • 質疑応答
一般社団法人  日本損害保険協会等 20分

カリキュラム②

内容 講師 所要時間(目安)
事故・ヒヤリハットから考える自転車の安全利用推進 大学助教等 45分
自転車安全利用研修の実施方法について(グループ討議を含む) 一般財団法人 日本交通安全教育普及協会等 45分

過去の講義内容紹介

平成30年度

受講者一覧

事業者が実施する研修のサポートについて

従業員への自転車安全利用研修は事業者の責務です
でも・・・

イラスト

  • どのようなルールやマナーをどのように教えればいい?
  • 適切な内容や方法とは?
  • 人前で話すことは苦手だ ⇒ 教えることは難しい

そんなときは、東京都が研修をサポートさせていただきます!

1 教材の提供

こちらの教材を使用すれば、誰でも従業員向け研修が実施できます。
ダウンロードして、御利用下さい。

2 自転車シミュレータ交通安全教室

実際の交通状況を再現し、運転時に起こりうる危険を体験することによって、危険予測意識を高めることができる自転車型の教材「自転車シミュレータ」を使った交通安全教室を事業所で開催します。
実施回数、台数等に限りがありますので、早めに御相談ください。

3 講師の紹介・派遣

必要に応じて講師の御紹介や出前講座などにも対応いたしますので、御相談ください。

お問い合わせ

東京都都民安全推進本部 総合推進部 交通安全課
住所:〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 都庁第一本庁舎北塔34階
電話:03-5388-3124 FAX:03-5388-1217

ページトップへ戻る